決算データを読む

キノコ決算データにはファンダメンタルズで投資する上での豊富な企業情報が記載されているのですが、通常は株式投資を行っている投資家の多くがPERをベースとしたロジックで株式投資を行っており、決算書にはそのベースとなる来期をシミュレーションしたEPSが記載されている企業が多く存在します。また今期の業界動向や業績数値を細かく説明しているため、今後の業績動向をアナライズするインフォメーションともなり、企業の健全性をチェックする上で大切な財務状況も載っているので、ロングタームで投資するに値する企業であるかを分析するための大変貴重なインフォメーションも盛り込まれたもの、それが決算書なのです。まず、決算が発表される時は、決算短信のペーパーの下部あたりに記載されている次期の業績予想を見る事に注力してください。発表された決算の内容ももちろん大事ですが、今後の株価のプライスを決定するファクターは過去の実績数字ではなく、来期の業績予想で、この発表された来期の業績をきちんと見てアナライズすることが大切です。例えば増益の決算発表だったが、マーケットが思っている増収幅より来期の内容が良くない場合に、マーケットで失望売りが出やすい傾向がでて増収増益でもプライスは下落したり、反対に業績は悪化しても減益幅がインプルーブしたり、悪いネタが出尽くしになると翌日に上昇するというケースが多いです。

Comments are closed.