経常利益

企業の活動の目的は利益をスイーツ02得ることと言っても過言ではありません。ただ、利益と言っても様々な種類があり、「損益計算書」に記入されている利益の内容を見ることで企業の実態を把握することができます。

利益にはまず、「売上総利益」があります。売上総利益というのは、売上高から売上原価(仕入代金など)を差し引いたもので、単に利益の量を見ることができます。

次に、「営業利益」があります。営業利益は売上総利益から販売費(営業社員の給料や広告宣伝費など)や一般管理費(事務職員の人件費や家賃など)を差し引いた額です。営業利益を見れば、その企業の本業である営業活動で実質的な利益が出ているかどうかが分かります。

そして、会社全体の利益の内容を表すのが「経常利益」です。営業利益に配当や利息などの営業外損益(営業外収益・営業外費用)を加減したものです。その企業が継続的に利益を出せる体質であるかどうかが示されています。従って、この数字の善し悪しで企業の健全性を判断できます。

なお、営業外損益とは営業活動以外の財務活動などで発生した収益や費用のことで、例えば受取利息や有価証券の売却益などを営業外収益と言い、支払利息などを営業外費用と言います。

その他の利益としては、土地の売却益などの特別利益・特別損失を加減した「税引き前当期利益」、税金を引いた最終的な利益である「当期純利益」があります。

Comments are closed.